【失敗談】やらなきゃよかった脱毛箇所ランキング!あなたは大丈夫?

脱毛サロンの公式サイトなどを見ていると、
「ムダ毛の処理時間から解放される」
「ツルスベ肌が手に入る」
などの言葉を目にします。

 

永久的に毛が生えてこなくなるイメージがありませんか?
しかし、注意していただきたいのは「失敗」する可能性もあるということです。

 

失敗の原因は、誰にでも起こりうるものであったり、個人差があったりします。
また、ワキの下・ひざ上・背中など、各部位によっても効果の違いがあります。

 

では、実際に施術を行った人の失敗談を元に、どの「脱毛箇所」が失敗しやすいのかについてご紹介していきますね。

 

脱毛は一生毛が生えてこなくなる?

 

永久脱毛って本当?

 

脱毛には、光脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛などいくつかの方法があることをご存じでしょうか?

 

医療機関でのみ受けられるレーザー脱毛は、毛根を強いレーザーの光で焼くので効果は高いですが、強い痛みが伴います。

 

一方光脱毛は、痛みが少ない代わりにレーザー脱毛よりも光の強さが弱くなってしまいます。

 

光脱毛は、脱毛サロンや総合エステで受けることができる脱毛方法です。
「黒色」に反応するため、ホクロや強い日焼けの箇所には光をあてることができません。

 

レーザー脱毛よりも1回の料金は比較的安くなりますが、機械の出力が弱いため効果が得られにくい場合があります。

 

ムダ毛をなくしたいけど痛みは避けたいという方は、光脱毛の方が良いですね。
しかし、サロンの場合は、施術が完了してもまた毛が生えてくるという可能性があります。

 

その時に備えて、満足いくまで追加料金ナシで何回も施術が受けられるプランなどがあるサロンや、
満足しなかった場合は返金できるサロンもありますよ。

 

サロンで契約をするときは、永久脱毛であるかどうか、毛が生えてきて満足しなかったら保証されるのかどうかを、
きちんと確認しておくことが必要です。

 

個人差がある

 

施術を受けてもまた毛が生えてきたという方は、なぜか?と原因を考えますよね。

 

サロン側のミス?と思う方もいるかもしれませんが、人によってバラバラな毛質や毛の濃さが原因の可能性もあります。

 

例えば、以下のような場合があります。

 

  • 元々毛深く、処理しても1日で生えてくる。
  • 1度剃ったら3日は生えてこない。
  • 毛が太いため、剃ると黒いツブツブが残る。
  • 毛が細いため、剃るときれいな肌色だけになる。

 

脱毛サロンでは、上記のようなさまざまな毛に対応しています。
しかしながら、すべての毛に対して同じような効果があらわれるとは限りません。

 

脱毛箇所によって違いがある

 

脱毛の効果は、脱毛箇所によって違いがあります。
施術後はカミソリや電気シェーバーで剃ったあとのような肌になります。

 

そして、実際に効果があらわれるのは1〜2週間後です。
自然と毛が抜けていたり、毛をひっぱると痛みがなくスルッと抜けたりします。

 

脱毛は、何回か繰り返し施術を受けることで徐々に毛が薄くなっていく仕組みです。
初回であまり効果が見られなくても、2〜3ヶ月に1度の施術を数回受けていくことで毛がなくなっていきます。

 

VIOラインは、施術を何度受けてもなかなか毛が薄くなっていかない可能性があります。
毛が太くて密集しているので、効率よく脱毛ができそうですよね。

 

しかし、VIOラインの場合は、擦れによる色素沈着で肌の色が暗くなっていることがあります。
「黒色」に反応する光脱毛にとって、毛の色以外が黒っぽくなっているのは効果の大敵なのです。

 

また、手・足の指や顔などの毛が細くて密集していない部位についても、照射した光が反応しにくいとわれています。
肌の調子や毛の細さが原因で効果を得られるのが遅いということが分かりますね。

 

一方、ワキの下などの毛が黒い箇所は、6回ほどの施術で毛が薄くなっていくことが実感できます。

 

入浴後の毛は、肌がふやけて毛穴が開いているので、抜けやすくなっていると思いませんか?

 

つまり、毛が抜けやすいのは肌がやわらかいときなのです。

 

皮膚が薄くてやわらかく、毛の色が黒いワキの下は、脱毛にとって好条件な部位だということが分かりますね。

 

脱毛は、すぐに効果があらわれる箇所もあれば、効果が分かりづらい箇所や長期戦になる箇所もあるということです!

 

各サロンでシステムが違う

 

毛質や毛の濃さは個人差があり、脱毛箇所によっても効果の違いがあるということをお伝えしてきました。
さらに、どのような「脱毛サロン」と契約するかによっても、永久脱毛が手に入れられるかどうかが決まります。

 

脱毛サロンには、さまざまな料金形態があります。

 

「1回〇〇円」という回数制や、「保証期間〇年」という定額制のものです。
回数制の場合は、具体的な期間が決められていないので、満足いくまで通い続けることができます。

 

一方保証期間がある場合は、「3年」などの期間内に施術を受ける必要があります。
そして、期限が切れると契約終了となります。完全に脱毛が終了していないときは、追加料金を支払えば引き続き施術が受けられます。

 

脱毛サロンは、「個室」で1人以上のスタッフが施術を行うため「予約制」です。

 

毛周期の中の「成長期」に合わせて予約をとるのがベストですが、サロンによっては予約が取りにくい場合もあるでしょう。
施術日が予定とずれてしまうことで、効果の良し悪しにも関係してきます。

 

通ってみてわかった!失敗したのはどこの部位?

 

では、実際に脱毛を経験した方が感じた「脱毛箇所」について、失敗談を順にご紹介していきます。
ぜひ参考にしてくださいね。

 

手・足の指

 

足の親指と人差し指に太い毛が数本生えていた。
単発でいくらという金額設定をしているサロンで、4本の指を1発ずつ照射してもらったが、2年かけてやっと生えてこなくなった。
今思えば数本の指の毛のためだけに、時間もお金も無駄にしたような気がする。

 

手の指の毛は指輪をするときに気になっていた。
サロンから日焼けをしないように言われたが、指の日焼けは防ぎづらい。
結果的に無毛である期間がなく終了してしまったので、脱毛効果はないと思った。

 

口周り

 

鼻の下やあごは痛みに敏感な場所だといわれて覚悟はしていたが、施術中は歯茎にまで染みるくらい痛かった。

 

なぜか数本生えている男性のような太い毛はなくなったものの、産毛は完全になくならなかった。

 

VIOライン

 

痛みに敏感な場所だと聞いていたが、飛び上がるくらい痛かった。
紙でできたパンツをはいて施術を受けたが照射するために途中で破かれ恥ずかしかった。
結局痛いのが怖くて途中解約をしてしまった。
まだ2回しか通っていないので効果も出ておらず、無駄になった気がする。

 

3年保証のある脱毛サロンへ通ったが、VIラインについては完全に生えてこなくなるところまでたどり着けなかった。
追加料金を支払うのがもったいないと思い続けなかったため、最近元通りになりつつある。

 

両ワキ

施術前に自分で処理をするとき、両ワキに黒いニットの細かい繊維がくっついていた。
急いで拭き取ったが、ワキの汗としっかりくっついていてなかなか落とすことができなかった。
結果、皮膚が赤くなってしまい、施術が受けられなかった。

 

ワキの毛がなくなったからか、多汗症のように汗がとても増えたな気がする。

 

ワキ脱毛後、初めてワキの汗がツーっと流れる瞬間を感じた。
夏は汗脇パッドが必須アイテムとなっている。

 

乳輪

 

乳輪内は無理だとしても、際に生えているのは無くなって欲しいのに、ギリギリでも照射してもらえなかった。

 

縁から1〜2ミリくらいが気になっているのに、色のせいで照射してもらえない。
本数があまりないのでニードル脱毛の方が向いているかも。

 

まとめ

 

脱毛の効果は、ネットで口コミや評判などを調べてみても、実際に脱毛をしてみないと分からないものです。
施術を行う前はスタッフからカウンセリングを受け、普段のムダ毛処理方法を聞かれたり、肌の調子や毛質などを実際に見られたりします。

 

毛が一生生えて欲しくない方は、カウンセリングの時にその旨を伝えてみましょう。

 

希望の脱毛箇所について、目安となる回数や料金を教えてくれます。
また、万が一失敗してしまった場合について、返金システムや別コースがあるという提案もしてもらえますよ。