アトピーや敏感肌の方にはサロンではなくクリニックで脱毛を受けてほしい理由とは?

面倒でリスクも高いムダ毛の自己処理に苦労している方も多いかと思います。毎回毎回毛抜きやカミソリで処理するのは面倒!いっそのこと失くしてしまえ!と脱毛する人も多いです。

 

サロンやクリニックなどに行くと、脱毛施術をしてくれます。脱毛してしまうともう自分で小まめに毛を抜いたり剃ったりしなくてすみますから、いきなりノースリーブや生の足のままでミニスカートを履いても安心なので、便利ですよね。脱毛できる場所としては、脱毛専用のエステサロンや、医療脱毛をしてくれるクリニックがあります。

 

昔はサロン脱毛に通っている人がほとんどでしたが、最近では安全性も高く効果もあるということで、医療脱毛にシフトチェンジしている女性が増えてきているようです。

 

特に敏感肌やアトピー肌の人については、サロン脱毛よりもクリニックでの医療脱毛をおススメします。

 

どうしてクリニックでの医療脱毛をおススメするのか、詳しく解説して行きたいと思います。敏感肌やアトピー肌のせいで、脱毛により毛はなくなっても肌がひどくならないか心配な人もいると思いますので、ぜひ参考にしてください。

 

■アトピー肌について

アトピー肌の症状を悪化させないように十分配慮する必要があります。アトピーは、「アトピー性皮膚炎」というものが引き起こしているものです。

 

これは、全身に湿疹ができて、それが強烈なかゆみを生み出すという皮膚炎になります。アトピー肌の人の肌は、アトピー肌でない人の肌に比べて気を付けたい次の特徴があります。

 

  • 肌に脂があまり出ない
  • 肌の保湿力が弱い
  • 肌がすぐカサカサする
  • 肌が弱く、すぐに何か吹き出物ができたり赤くなったりする

 

アトピーは患者が多いものの、原因がしっかりとは特定されていないので「こうすれば治る」という治療法がないのが現状です。

 

アトピー性皮膚炎の原因については遺伝や体質・不規則な食生活や生活スタイル・ダニやハウスダストなどの環境因子・洋服などによる物理的刺激などが考えられています。

 

アトピー性皮膚炎は良くなったと思ったらまた悪化する…というようなサイクルを繰り返す人が多いです。

 

■アトピー性皮膚炎の症状は?

 

もしかかってしまったら…

 

  • 肌がカサカサする
  • 白い粉のらしきもの(鱗屑)が出る
  • 赤い腫れ(紅斑)ができる
  • ブツブツ(丘疹)ができる
  • 痒い所をかくと、かさぶた(痂皮)ができる
  • 皮膚がはがれてグジュグジュ(びらん)になる
  • 苔癬化といって、掻きむしるのを繰り返すことで皮膚が硬く厚くなる

 

これらの症状というのは左右対称に現れることが多く、年齢によって症状がでる部分が変わってきます。

 

■敏感肌について

敏感肌というのは、周りが問題なく使っている化粧品でアはが荒れてしまったり、衣類や髪の毛が触れるだけでも刺激となり、無性にそこが痒くなったり、痛みが出たりする肌の事です。

 

ただ、そういう病名がある訳ではないので病院へ行っても「敏感肌ですねー」と診断されることはありません。ですが実際に肌が刺激に弱く敏感肌で悩んでいる人はたくさんいるのです。敏感肌についても気を付けたい特徴は次の通りです。

 

  • 肌がカサカサする
  • 肌がすぐに赤くなったりかゆくなったりする
  • 紫外線や花粉、ほこりなどに肌が弱い

 

アトピーまではいきませんが、油断するとひどい吹き出物ができたり赤く腫れたりするので、十分な注意が必要です。

 

■サロン脱毛について

 

エステサロンでは、フラッシュ脱毛をするのが一般的です。簡単に説明すると、光を毛根に充ててダメージを与え、どんどん毛を薄くしていくという仕組みです。

 

ただ、1回ですべての毛を取り除くことができるかというとそうではありません。毛の周期に合わせて何度も光を当てる必要があります。それでもフラッシュ脱毛の効果は永久ではなく、再度ムダ毛は生えてくるのです。

 

■アトピー肌や敏感肌がサロン脱毛に向いていない理由

フラッシュ脱毛は、安全性が高い脱毛方法だと言われていますが、高温の光を肌に充てています。もちろん火傷や皮膚が赤くなるなどのトラブルが起こることがあります。

 

アトピー肌の場合、施術できるかどうかは症状の出具合によります。症状が落ち着いている場合は、施術を受けているエステサロンもあるようです。

 

重度のアトピーの症状が出ている場合は、医師と話し合ってからできるかどうか判断します。敏感肌の人は施術前のカウンセリングの時に相談が必要です。試しに少しテスト照射してみるなどをして、反応を確かめてから判断します。

 

とはいえアトピー肌や敏感肌の人には、サロン脱毛はおすすめしません。先ほども言いましたが、安全とは言えフラッシュ脱毛は高温の光を肌に充てるのです。

 

普通の人より肌が弱い、アトピー肌や敏感肌の人では、トラブルが起きやすいからです。
エステサロンは医療機関ではありません。例え何か問題が起きても、その場で適切な対処をするのは非常に難しいです。

 

エステは安く脱毛できるので、多くの人が気軽に利用しています。それなりに満足いく効果を得ている人も多いようです。また、有名人もたくさん通っていたり口コミも多いので脱毛初心者の人は特に良いな〜と思うかもしれません。

 

ですがもしあなたがアトピー肌や敏感肌であるのなら、エステ脱毛ではなく医療脱毛をすることをおススメします。

 

■クリニックでの医療脱毛について

 

クリニックでは、レーザーによって脱毛を行います。勿論医療用です。毛を生み出す毛乳頭を、レーザーによって完全に破壊させ、毛が生えないようにします。

 

医療用レーザーを使うので、これは医療行為に該当します。ですから医療免許を持っている人でないといけません。実施できるのは、医師がいる病院やクリニックのみです。

 

■エステ脱毛と医療脱毛の違いって?

エステ脱毛と医療脱毛には次のような違いがあります。

 

  • 医療脱毛のほうが効果が高い
  • エステ脱毛のほうが安い
  • 医療脱毛のほうが回数が少なくて終わる
  • 医療脱毛のほうが痛みがある
  • 医療脱毛は麻酔が使える
  • エステ脱毛のほうが店舗数が多い
  • 医療脱毛のほうが安全である

 

エステサロンのほうが金額が安く痛みは少ないのですが、その分高価も弱く施術の回数がかかります。その反面、医療脱毛は痛みがあり金額は高も高めです。

 

しかし、施術の回数が少なく効果が高いといえます。また、痛みを感じてしまう時には麻酔を使うこともできます。

 

■アトピー肌や敏感肌の人に医療脱毛をすすめる理由

アトピー肌や敏感肌の人は、痛みの少ないエステ脱毛のほうが良いのでは?と思うかもしれません。ですがそれはちょっと違うようです。アトピー肌や敏感肌の人こそ、安心、安全なクリニックでの医療脱毛をするべきなのです。

 

エステ脱毛でも医療脱毛でも、アトピー肌や敏感肌の場合には、肌トラブルを起こす確率は無いとは言えません。もしトラブルが起きた時に、すぐに対応できるのはクリニックなのです。

 

エステサロンでは、資格がないスタッフが施術をしているというケースもあるようです。
知識がないスタッフが施術をするということは、トラブルが起こる危険性が高まるということですよね。

 

その点医療脱毛は、医療行為に当たることなので、医療免許を持っている人だけが施術を行うことができます。

 

ですからレーザー脱毛はきちんとした資格を持った人が、きちんとした病院で行うという事で、エステの脱毛に比べるとかなり安心できます。

 

また、病院で脱毛をする時は、最初に医師の診察を受けなければなりません。クリニックで医療脱毛をした経験がある多くの人が、施術を受ける前まで「正直、サロンと変わらないんだろうな」という先入観を持っていたという話を良く耳にします。

 

ですがカウンセリングを受けてみると、病院に受診をするときの様に医師と対面して普通の診察が始まります。

 

「医療脱毛って、本当に医療行為なんだな」と、その時皆さん、実感が湧くそうです。「こんなに近くに医師が待機しているのであれば、もし何かあっても心配はないから安心」と多くの経験者が話をしています。

 

アトピー肌や敏感肌でお肌に不安のある方は、まずは医療脱毛にご相談することをおすすめします。